扱える範囲について

メンズ

弁護士との違い

個人再生は、民事再生の適用によって借金生活から立ち直るための制度です。裁判所が関与して厳格な法律のルールのもとに行われる強制力がある仕組みなので、任意整理と比べて再建しやすいメリットがあります。個人再生の申し立てや各種の手続きは、債務者本人が自分で行うことも可能です。しかし、頻繁に裁判所に行く必要があったり、難しい手続きを行わなければならなかったりするため、専門家に代理人となってもらって行う方が一般的です。司法書士も、個人再生を扱っているケースがありますが、弁護士とは異なる制限があります。司法書士が扱えるのは、裁判所に提出する書類を作成するところまでです。弁護士に依頼した場合はほぼすべてを委託できますが、司法書士に依頼した場合は裁判所へは自分で行く必要があります。それを考えると、自分でやらなければならないことは多くてうまみがないようにも考えられますが、書類の作成だけでも正確に行ってもらえるので手間は大きく省くことが可能です。また、弁護士に依頼した場合と比較して費用が低廉ですので、借金に苦しんでいる人が利用しやすいです。そして、裁判所でのやり取りを代わりにすることはできないとしても、個人再生を扱っている司法書士は適宜手続きのサポートをしてくれますので、完全に自分一人で行うよりは円滑に手続きを進めていける利点があります。注意点としては、全国の裁判所の中で、東京地方裁判所のみが事実上運用ルールとして弁護士を立てることを強制しているため、個人や司法書士を使っての申し立ては難しいです。

Copyright© 2018 自己破産の問題は弁護士へ相談がイチバン|難問題解決法 All Rights Reserved.