借金が完全になくなる

男の人と女の人

無職無収入でも申請出来る

自己破産とは、裁判所に破産申込書を提出し、免責許可をもらう手続きのことです。裁判所が申し立てた人の収入や借金の額を考慮して、支払い不能状態であると判断した場合に借金の返済が免除されます。破産宣告と免責許可の二つがそろって、初めて自己破産となります。破産宣告だけでは借金は免除されないので、裁判所から破産宣告してもらった後、免責許可の手続きを行います。自己破産が確定すると、信用情報機関に事故情報として登録されます。いわゆるブラックリストです。ブラックリストに載ると、一定期間新たな借金やローンを組めなくなります。また、キャッシュカードを作ることも基本的に出来なくなります。しかし、配偶者など家族はローンを組むことは可能ですし、子供の進学や就職に影響が出ることもありません。家族が借金をする際の保証人になっていなければ、自己破産をしたとしても家族に直接的な不利益が及ぶことは考えられません。任意整理や個人再生などほかの債務整理と違い、自己破産をすると借金返済義務が完全になくなるので、手続き後返済は残らず完全に借金から開放されます。債権者が債務整理に反対していても手続きを行うことは可能で、さらに給料の差し押さえが起きている場合、差し押さえを停止する効果もあります。また、返済が不要なので無職で無収入な状態、また生活保護を受けていても自己破産の手続きは可能です。手続き完了後は借金が免除されるので、経済的に再生することが可能になります。

Copyright© 2018 自己破産の問題は弁護士へ相談がイチバン|難問題解決法 All Rights Reserved.