借金支払いを法的に免除

説明

一定以上の財産を手放す

自己破産とは、今抱えている借金の支払いをすべてなくすことができる手続きです。任意整理や個人再生をしても借金は一部残ってしまいますが、どんなに膨大な金額を抱えても返済から免れることができる手続きなのです。貸した側にとってみれば貸したお金が回収することができないので泣き寝入りしてしまいますが、これは国が合法的に認めた手続きなのです。もし、自己破産という制度が無かった場合に借金返済で首が回らない、どうしても難しいそうなったらやむにやまれず自殺という手段をとってしまう人も少なくないのです。それが、自己破産という制度を利用することで法的に借金支払いを免除してもらい、生活を再建させることができます。しかし、自己破産は借金を帳消しにできるメリットはあるのですがデメリットもあるので、それを十分理解したうえで手続きをする必要があります。まず、家族にバレます。20万円以上の財産は手放さなければならないので、家を持っている場合や車、その他価値のある財産は差し押さえられます。官報にも掲載されますが、これは一般の人が見るようなものではないです。信用情報機関にも自己破産した事実が登録されますので、一定期間はクレジットカードの作成やローンを組むことができなくなります。ただし、これは本人のみでありご家族の方が影響を受けることはないです。借金はなくなりますが、財産をほぼなくしてから再スタートするのが自己破産となります。

Copyright© 2018 自己破産の問題は弁護士へ相談がイチバン|難問題解決法 All Rights Reserved.