借金のことは専門家に

貯金箱

利息と元金を減らせる

債務整理ができるのは弁護士だけではなく、現在は司法書士も積極的に対応してくれます。個人再生を司法書士に依頼する場合、申立書を書類作成代理人として作成してくれます。弁護士の場合は代理人となることができる点で有利ですが、個人再生の費用で比較すると司法書士のほうが安くなることが多いです。一般的に任意整理では解決できない多額の債務があるときに個人再生が選ばれており、自己破産との違いは家を守れることにあります。司法書士に個人再生の依頼をすることで、債権者からの厳しい取立てを早急に止めることができます。取立てから解放されるだけでも大きなメリットがありますし、借金は任意整理より大幅に減額できるのが特徴です。任意整理だと将来の利息をカットできますが、元金を減らすことはできません。これに対して個人再生は元金も5分の1まで圧縮できるので、今後の返済は大幅に楽になるでしょう。整理対象となるのはすべてのローンなので、借入先が多数ある場合は任意整理より報酬が安くなることがあります。個人再生の費用は30万円程度になることが多いので一括で支払いするのは厳しいでしょうが、分割対応してくれる司法書士事務所もあります。債務整理をしたのに以前よりお金に困るようでは意味がありませんから、この辺は司法書士側も融通をきかせてくれるでしょう。金融機関からの債務は原則として3年返済になりますが、元金が大幅に減額されるのでゴールの見える返済が可能になります。

Copyright© 2018 自己破産の問題は弁護士へ相談がイチバン|難問題解決法 All Rights Reserved.