債務整理をする

電卓

書類作成をサポート

借金の金額が多くなり返済が難しくなった場合に行われるのが債務整理です。債務整理にはいくつかの種類がありますが、裁判所に申し出て行うものとしては自己破産と個人再生の2種類があります。これらは個人でも申し立てることが可能ですが、処分すべき財産がある場合には手続きが複雑になり素人が行うのにはハードルが高くなります。個人再生は債務整理の中ではもっとも手続きが煩雑で時間もかかるものです。このため弁護士に依頼して行うのが一般的ですが、司法書士に依頼して手続きをサポートしてもらうこともできます。弁護士と司法書士の違いとしては代理権の有無で、弁護士には依頼者の代理としてすべての手続が可能ですが、司法書士はあくまでも裁判所に提出する書類を作成して提出することが仕事です。流れとしては借金や収入の内容から個人再生を行うか判断し個人再生を行う場合には委任契約を結びます。司法書士は金融業者へ受任通知を行い取引履歴などを開示してもらい、また依頼者の収入の状況などを確認して申立書を作成して裁判所に申し立てます。裁判所での手続きは司法書士が行ってくれますが、許可・不認可の決定の際には依頼者も裁判所に行かなければなりません。司法書士のメリットとしては費用が抑えられるという点で40万円から50万円程度になります。弁護士の場合には40万円から70万円程度ですが、弁護士よりも司法書士の数の方が多いので、依頼しやすいこともメリットになります。

Copyright© 2018 自己破産の問題は弁護士へ相談がイチバン|難問題解決法 All Rights Reserved.