借金のことは専門家に

貯金箱

借金の返済ができない、取立てに悩んでいるという状況から脱出するなら個人再生が役立ちます。司法書士に依頼をすれば弁護士より費用が安く、30万円くらいで依頼できることが多いです。利息と元金を圧縮できるので、今後の返済は確実に楽になるでしょう。

詳しく見る

借金が完全になくなる

男の人と女の人

自己破産とは、裁判所に破産申立書を提出し破産宣告後、免責許可を受けることで借金を免除してもらう手続きのことです。借金の返済義務が完全になくなるので、無職で無収入な人や生活保護を受けている人でも手続きを行うことは可能です。

詳しく見る

債務整理をする

電卓

個人再生は債務整理の方法のひとつですが、個人再生を行う際に書類の作成などをサポートしてくれるのが司法書士です。司法書士であれば弁護士よりも費用を抑えて個人再生ができる他にも司法書士の方が数が多く依頼がしやすいメリットがあります。

詳しく見る

借金支払いを法的に免除

説明

任意整理や個人再生で債務整理をしても借金が一部残りそれを継続して返済しなければなりませんが、自己破産は借金を帳消しにできるというメリットがあります。ただ、ローンが組めない財産を手放さなければならないデメリットもあります。

詳しく見る

扱える範囲について

メンズ

司法書士は個人再生手続きにおいて、代理人となることはできません。したがって、債務者自らが裁判所に赴く必要があります。ただし、専門的な知識が必要な書類の作成を代行してもらえますし、サポートはしてもらえます。また、費用も弁護士に比べると安いです。

詳しく見る

裁判所で手続きをする

お金

借金を返済しなくて良い

自己破産は裁判所を通すタイプの手続きで、免責を受けることで債務の返済を免れることが可能です。弁護士に依頼することが可能で、裁判所に申立てを行うための書類の作成などをしてもらえます。弁護士に相談するメリットは、その時点で借り入れ先の債権者に受任通知を送れる点にあります。自己破産は多くの人が手続きを成立できますが、免責が不許可になる自由も存在します。借金ができた理由がギャンブルや浪費のときには、裁判所は免責を認めません。免責とは借金返済の義務を無くす手続きなので、破産をしても免責が不許可になると意味が無くなります。自己破産を検討している人は、自分の借金を抱えた理由で免責が成立するかプロの弁護士に質問することがおすすめです。破産が成立すると持っている財産は債権者への分配のために清算されます。法的に保有できる資産は99万円以内の現金と、価値が20万円以内の資産だけです。従って、家や車は自己破産をする人名義では持てません。基本的に債務者個人の借金にのみ適用される方法なので、連帯保証人の契約をしていない限り、家族が借金の返済義務を背負うことはありません。破産の申立てをしてから成立するまでの期間中は、一部の資格が制限されます。弁護士や公認会計士、保険外交員、警備員などの資格が停止になるので、これらの職業に就いている人は注意が必要です。永久に資格停止になのではなく、手続きが成立すれば資格の停止は解除になります。

Copyright© 2018 自己破産の問題は弁護士へ相談がイチバン|難問題解決法 All Rights Reserved.